プラスチック樹脂素材

分類 名称 略称
プラスチック 熱可塑性樹脂※1 汎庸樹脂 アクリロ二トリルスチレン共重合体 AS
アクリロニトルブタジエンスチレン共重合体 ABS
ポリエチレン PE
ポリエチレンテレフタレート PET
ポリ塩化ビニリデン PVDC
ポリ塩化ビニル PVC
ポリスチレン PS
ポリビニルアルコール PVA
ポリプロピレン PP
熱可塑エンプラ 汎用エンプラ 超高分子量ポリエチレン HMWPE(U-PE)
ポリアセタール POM
ポリアミド(ナイロン) PA
ポリカーボネート PC
ポリフェニレンエーテル PPE
ポリプチレンテレフタレート PBT
ポリフッ素ビニリデン PVDF
スーパーエンプラ 液晶ポリマー LCP
ポリアミドイミド PAI
ポリアリレート PAR
ポリイミド PI
ポリエーテルイミド PEI
ポリエーテルエーテルケトン PEEK
ポリエーテルスルホン PES
ポリスルホン PSF
ポリフェニレンスルフィド PPS
ポリ四フッ化エチレン PTFE
熱硬化性樹脂※2 エポキシ樹脂 EP
シリコーン SI
フェノールホルムアルデヒド PF
不飽和ポリエステル UP
ポリウレタン PU
メラミンホルムアルデヒド MF
ユリアホルムアルデヒド樹脂 UF

※1[熱可塑性樹脂]
常温時は固体であるが、熱を加えると軟化し、流動体となります。また、この流動体を冷却することにより、固まって固体となる樹脂です。

※2[熱硬化性樹脂]
熱を加えると一時は流動体となるが、徐々に化学変化して固まって固体となる樹脂です。

樹脂の分類

  • 天然樹脂
  • 合成樹脂
    • 熱硬化性樹脂
    • 熱可塑性樹脂
      • 汎用プラスチック
      • エンジニアリング・プラスチック
      • スーパーエンジニアリングプラスチック

熱硬化性樹脂

熱硬化性樹脂は、加熱すると硬化して元に戻らなくなる樹脂です。熱硬化性樹脂は、硬くて、熱や溶剤に強いので、電気部品や、テーブルなどの家具の表面処理、灰皿、焼き付け塗料などに使用されます。

  • フェノール樹脂
  • エポキシ樹脂

熱可塑性樹脂

熱可塑性樹脂は、加熱することによって軟らかくなり、目的の形に成形できる樹脂のことです。

汎用プラスチック

家庭用品や、電気製品の外箱、雨樋や窓のサッシなどの建築資材、フィルムやクッションなどの梱包資材など、比較的大量に使われるプラスチックです。

エンジニアリングプラスチック

お急ぎの方は お電話ください

052-505-8620

フォームからのお問合せ

© 2022 キクイパッキン 株式会社